小名浜太郎の小名浜港釣り日記 暑すぎて日中は釣り人の姿は少ないですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑すぎて日中は釣り人の姿は少ないですよ

何故か投稿できずにラジオで言う混線状態でした。
困ったちゃんは暑さのせいかなと思ってしまいます。

この暑さで釣りにもなりませんが正解であり、日差しが強すぎて倒れそうです。
新しく買った集魚灯も試してみたいし、ブラー釣りもやりたいしなんですが、中々この暑さでは体が動きません。

来月は予定が詰まるだけ詰まって、動きが取れるか微妙なんです。
もちろん仕事優先で、次が釣りですから、仕事が忙しければ釣りには行けません。

---福島原発の事故の記事---

東京電力は21日、福島4 件第一原発から20キロメートル(km)圏内の沿岸海域で採取した魚介類の核種分析結果を公表した。このうち、南相馬市の太田川沖合1km付近で今月1日に採取したアイナメから、過去最大値となる1キログラム(kg)当たり25,800ベクレルの放射性セシウムを検出した。国が定める一般食品の基準値(1kg当たり100ベクレル、今年4月1日から適用)の258倍も高い。これまでの海水魚における最大値は昨年4月に採取されたコウナゴの14,400ベクレルだった。

報道各紙などによると、過去最大値の放射性セシウムを検出したアイナメ4 件は、2匹分をすり身にして測定したもので、個別に測定すると1匹は38,000ベクレル、もう1匹は9,300ベクレルだったという。

今回の核種分析は、7月18日と23日、8月1日に海域5地点で採取した20種類の魚介類について行った。このうち、アイナメのほかに国の基準値を超えたのはクロソイが1kg当たり490ベクレル、ババガレイ440ベクレル、コモンカスベ430ベクレル、マコガレイ250ベクレル、スズキ248ベクレル、ヒラメ245ベクレルなど10種類に及ぶ。

なんかこれがニュースで発表されてから、釣り人が減った気もするのですが、気のせいかな?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小名浜太郎

Author:小名浜太郎
仕事の関係で小名浜に住んでいます。昔から大好きな釣りの趣味を復活させました。だって目の前は海だし、釣り大好き少年はオジサンへと変貌したけど釣り少年の気持ちは今でも変わりません。

■小名浜港・・・常磐自動車道 勿来ICから車で20分 いわき湯本から20分

■小名浜港での防波堤釣りの日記になります。シーバスをメインにヘチ釣りからメバリングまでオールマイティに小名浜港で釣りをしています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。お帰りの際はこちらをクリックしてお帰りください。

 


質問などもお気軽にお寄せください。わかる範囲でお答えします!

Twitter小名浜釣り情報
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
小名浜潮汐表
RSSリンクの表示
リンク
Amazon.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。