小名浜太郎の小名浜港釣り日記 2016年11月

小名浜港、海から釣り人が全く消えた感じさえします。

DSC_0128.jpg
これだけ寒くなると、釣り人が海から消えた錯覚さえ覚えます。
例年なら、これからヘチ釣りでアイナメかなと腰を上げるのですが寒さ先行だし、夏にこれだけアイナメが少なければ期待なんてできないんです。
海からの風は冷たいし、あの寒さの中でドンコと御対面すると悲しくもなります。
ドンコが食べて不味いなんて言いません。
あの顔を見ていると、寒さの中で釣りをしていて、悲しくもなるのです。
ヘチ釣り用で使う、アサリのむき身も塩漬けにして、準備だけは万全です。
後は重い腰をあげるだけなんです。

今年の今までを振り返ると小名浜港は魚が少なく感じてしまいます。

今年の小名浜港ですが、自分なりに分析してみました。
春のメバルは、普通か普通以上に釣れました。
シーバスやヒラメ、カレイも例年よりは、釣れたと思います。
アジは全然ダメ!
サバも秋になって、小さな型が迷い込んで来た程度だと思います。
シマダイなど秋ぐらいにはたくさん泳いでいました。
サヨリもそうですが、海が遅い感じはあります。
中之作のタコちゃんも全然だめです。
アナゴも例年に比べたら全くとダメでした。
釣れれば大物、釣れない時には全然だめです。
今年はこれから、自分はヘチ釣りで、デカ物のアイナメ狙いの日々ですが、期待はしていません。

中之作港まで釣りに行きましたが人の気配すら無しです。

真夜中に思い立ったかかのように中之作港まで、出かけてきました。
距離からすれば、車で10分ぐらいの港です。
小名浜の市場裏からなら、すぐの場所になります。
年中カレイが釣れるのと、タコ釣りが多い場所です。
常夜灯もあり、必ず行くとメバリングのお兄ちゃん連中が、陣取っていたりします。
昨日は、さすがにシーズンオフの色濃い感じで、誰一人も釣り人はいませんでした。
ここの港は、一人で居るともの寂しい感じがして、怖いイメージさえします。
昨日の結果としては、タコを引いて撃沈。
メバリングで、ワームをフグの玩具にされて撃沈でした。
サヨリの小さいのが、かなり泳いでいましたよ。

まったく良いとこ無しで、釣りは休業状態ですよ?

小名浜港は秋風と同じでだいぶ、寒くなって来ました。
夜風が身に染みる?
まったくの反応なしで、シーバスはあきらめムードで、メバリングに移行。
たまに釣れるメバルちゃんに、満面の笑みが正解なのです。
寒さ先行で、そろそろヘチ釣りに切り替えようかな?
景気の良い話は、釣具屋の釣り情報だけですよ。
売れてなんぼの商売だから、仕方ないかな?
プロフィール

小名浜太郎

Author:小名浜太郎
仕事の関係で小名浜に住んでいます。昔から大好きな釣りの趣味を復活させました。だって目の前は海だし、釣り大好き少年はオジサンへと変貌したけど釣り少年の気持ちは今でも変わりません。

■小名浜港・・・常磐自動車道 勿来ICから車で20分 いわき湯本から20分

■小名浜港での防波堤釣りの日記になります。シーバスをメインにヘチ釣りからメバリングまでオールマイティに小名浜港で釣りをしています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。お帰りの際はこちらをクリックしてお帰りください。

 


質問などもお気軽にお寄せください。わかる範囲でお答えします!

Twitter小名浜釣り情報
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
小名浜潮汐表
RSSリンクの表示
リンク