小名浜太郎の小名浜港釣り日記 2013年05月

メバリングで色々試しています。

連日のように、深夜のメバリングです。

自分なりにルールを決めて色々やってるんです。

基本的には五匹釣れたら退散と決めています。

ジグヘッドにワームでお決まりパターンの釣りですが、その日により釣れる深さも違うし、ワームの色でも違うのです。

雑誌やネットでは、ただ単純に同じタイミングでリールを巻くだけなんてありますが、そうは簡単には行かないのです。

ワームは確かにピンク系は良く釣れますが、型は小さいし小名浜サイズだと言う事です。

緑、オレンジでは反応すらしません。

通常シラス系タイプ、透明かタイプは釣れればサイズアップに近いのです。

色々と試しながら毎日五匹と決めて海に向かってるんです。

最大の決まり事は、制限時間一時間として、それ以上もやりません。

毎日同じ場所でやればスレもするんじゃ無いかと心配もしますが、一番自分ではメバリングで相性が良い場所でもあるのです。

できたらサイズアップも狙いたいし、頑張りたいのです。

ららミュウから美食レストランを見た場所です。

DSC_0004_20130527184834.jpg
この場所ですが、時期が来ればアイナメ狙いのヘチ釣りで地元のオジさん達が頑張っている場所です。

アナゴにアイナメ、アジなど自分を釣った事がありますが、毎日の犬の散歩のコースです。

第一堤防では毎日のようにタナゴ狙いでウキを垂らしているオジさんもいます。

やっとの事で小名浜も釣りシーズン到来みたいな感じです。

自分も2ヶ月ばかり釣りは休んでいましたが、今は時間があれば海にチャリで直行状態です。

幸せなひと時は小名浜港にありって感じですかね!

最近は夜の方が断然と釣り人多しかも知れません。

メバリングにシーバス、投げ釣りまで本当に多いと感心もしてしまいます。

でも釣れる場所を外しているんですよね。

せっかく来たんだから釣れて帰って欲しいし、小名浜の魚は美味しいですよ。

昨日のカレイは刺身で口を通過しました。

メバルは煮付けで美味しいですよ。

一時間限定での夜釣りで38センチのカレイとメバルを釣りました。

mebaru05.jpg
karei05.jpg
真夜中のダブルヘッター状態の釣りをして来ました。

深夜一時から二時までの約一時間の釣りです!

場所は自分が住んでいる場所から一番近い場所でもあり、時間にしてチャリで3分であり、ららミュウの入口付近です。

時間があればメバリングの練習場所と言うよりは、毎日のようにメバルをやっている場所なんです。

まずはヘチ竿に昨日のヘチ釣りで残っていた塩漬けのアサリを付けて放置プレイ状態にしました。

それからメバリングをいつものようにワームを付けて練習状態です。

今日のメバルちゃんは、上の方でウロウロしていた見たいで、着水後にすぐにリールを引くタイミングで入れ喰い状態でした。

一時間で約20匹以上の釣りになり、入れ喰い状態でした。

相変わらず型は小さくて、大きくても手のひらサイズです。

お持ち帰りは上の写真だけで、後はすぐに海に直行お戻りパターンです。

それでもメバルは気軽に楽しめて楽しいです。

そろそろ深夜2時になろうとしたので、メバリングは止めて放置プレイだったヘチ竿のタイコリールを巻いて帰ろうとしたら、反応ありだしデカイ感触ありで、ファイトしてしまいました。

昨日のカレイよりもデカイのはリールを巻いてわかったし、釣れてビックリもしました。

やったぜで、計測38センチでまたまたビックリです!

小名浜は確かにカレイが絶好調だし、釣れればデカイの一言です。


小名浜港でのトイレに付いての質問がありました。

三崎公園公衆トイレが夜でも使えるトイレになります。
後は市場裏の近くのローソンぐらいしか夜トイレは無いと思います。

日中ならば、ららミュウやアクアマリンふくしまなども使えますが、夕方6時以降はその二つです。
三崎公園公衆トイレはマリンタワーの真下であり、車での移動になります。
ちょっとだけ車で走りますが、夜は小名浜の港の夜景が見渡せる場所です。

また日中も小名浜港の大きさを実感できます。

今日は夜、メバリングに行く予定ですが、昨日のカレイもありどっちにするか迷っています。

今日は30センチのカレイをヘチ釣りで釣りましたよ!

karei03.jpg
今日は予告通りにヘチ釣りに行きました。

いつもの釣り場とは違い、場所は第○埠頭です。

地元の釣り師ならば知っている場所ですが、ヒントは砕石だけでわかると思います。

立ち入り禁止の埠頭なのですが、着いたのは夜9時30分頃で釣り人が数人陣取っていました。

正直に初めての埠頭だし、一人では絶対に無理な場所です。

道先案内人は最近、良く釣りに行くU君です。

ヘチ釣りの仕掛けに餌はアサリのむき身での釣りです。

約一時間半ぐらいの釣りでしたが、一枚はゲットしました。

明日は刺身かなって感じです。

小名浜港でカレイ釣りが好調らしいです!

karei02.jpg
本日、市場裏から外へ投げて40センチぐらいのカレイが釣れたそうです!

実際に釣れたカレイも見せてもらいましたが、確かに良い型のカレイでした。

そして数日前には60センチのカレイも釣れている話も聞きました。

犬の散歩に海に朝行けば、たぶんタナゴ釣りのオジさんが団体で粘っている姿も見えます!

と言う事で、本日の夜はメバリングを中止して、ブラーでカレイ狙いで出かけるつもりです。

ヘチ竿の準備もできたし、夜9時には現場に直行です!

連日連夜、小名浜港でメバルを追っかけています!実は先程まで・・・

mebaru.jpg
小名浜港で連日のようにメバルを追っかけています!

今日も実は先ほどまで、海にいました。

造船所の先からアクアマリンふくしまの先まで、夜になると自転車で不審者状態なのです。

市場裏周辺のメバルは小さいし、何とかデカメバルなんて思っているんですが、場所によってはメバルの顔すら見えないのです。

色々釣りをして、メバルが一番自分で釣れる場所を見つけました。

場所的には自分の住み家から一番近い場所でもあり、海が見えたらそこです。

チャリで全速力で3分の場所なんです。

型は小さいですが数は間違いなく釣れるし、最近はメバリングの練習場所でもあるんです。

もちろん他の釣り人は馬鹿にしてか、知らないのか見向きもしない場所です。

今日もしっかり釣れましたよ。

ワームをヘチに落として、少しだけしゃくるとアタリがあるし、もちろん軽く投げて引いてもすぐにアタリがあり釣れてしまいます。

メバリングは面白いの一言ですが、とりあえずまだヘチ釣りが厳しいし、十分にライトゲームを楽しんでいます。

小名浜港は夜になるとライトゲームが流行りなのか、大勢の釣り人がいるんです。

だいたい釣れるワームも理解してきたし、毎日のようにメバルのアタリを楽しんでいます。

ただしお持ち帰りは、小さいので我慢しています!

目指すは尺メバルと言う事で、頑張ります。

休日になれば釣り場に困る程の釣り人ですが、平日は静かなものです。

158978.jpg
今日の朝、ららミュウから撮影した写真です。

平日はのどかなもので、釣り人なんて探しても見つかりません。

毎朝のように犬の散歩で海には一度は行くのです。

いつも釣りをしている堤防が散歩のコースになります。

今日は夕方に時間が取れそうなので、少しだけ釣りができそうです。

すでに日焼けして顔は真っ黒だし、腕は一度皮が脱皮もしました。

狙うはメバルであり、メバリングに夢中で夢にまで出てきます!

今年の目標は尺メバルであり頑張りたいと思います。

小名浜港、釣れる場所も色々あるんですよ

小名浜港と言っても自分は市場裏、第一第二堤防ぐらいしか知りません。

先日は第三とか第七まで足を運んで見学にも行きましたが、よく考えると確かに小名浜は広すぎます。

沖堤防まで入れると、どれだけ釣り場所があるのかと思ってしまいます。

基本はチャリで行ける場所なんですが、それでも造船所付近からアクアマリンふくしまのある第二までは、かなりの場所にもなってしまいます。

多くの釣り人は市場裏と第一のららミュウの向かいが多いのです。

ヘチ釣りならばどこでも大丈夫ですが、メバル狙いならば餌にしてもルアーにしても限られてもきます。

基本的には浅い方が釣りやすいし、小名浜港に関しては浅い場所が少ないかも知れません。

アジや青物系も、もちろん釣れやすい場所はあるんです。

アナゴを専門に狙うならば穴?

自分的に市場裏の丁字型堤防よりは、丁字の入口から海を見て、丁字に入らず左付近の方が良い感じです。

真ん中に大きなブイがあり、すぐにわかると思います。

アジ釣りの時もヘチ釣りもメバリングも良く釣れる場所です。

夜は真っ暗闇だし、明かりは必需品の場所です。

カレイや大物狙いは、第一(立ち入り禁止)と釣り公園のあるアクアマリンふくしま横がオススメします。

ロックフィッシュから投げ釣りの大物狙いならばオススメします。

最近はメバリングばっか夢中ですが、子供と同じで覚えたては面白いに尽きます。

ワームで釣り上げるメバルに感動を覚えてしまいます。

ニセモノの餌を使用して魚を釣り上げると言う事は、生命の無いルアーを操り魚に餌だと思わせて食わせる事にしばらくは夢中になりそうです。


限定60分の釣りで釣果は28センチのカサゴでビックリです!

kasago.jpg
場所は市場裏の堤防であり、時間は夜10時30分過ぎ、仕掛けは土佐カブラになります。

土佐カブラと聞いて意味不明ならば、簡単に言うと緑色のサバ皮にハリが付いたサビキと思ってください。

メバリングの仕掛けの一つで、テグスにシンカー(オモリ)を付けてハリは土佐カブラのハリ一本だけです。

仕掛け自体はシンプルであり、ルアーならばジグヘッドと同じ扱いで釣れる感じです。

夜10時に釣りに出かけ、夜11時30分までには帰る約束で、小名浜港へ向かいました。

現場へ到着で移動時間5分ですが、あいにくの土曜日の夜であり、夜釣りの釣り軍団多数で釣り場所がありません。

さ迷って到着したのが、限りなく小名浜造船所に近い場所です。

釣り人は少なくさっそく釣り開始!一投目でヒットしてしまいました。

その後もアタリはあるものの、小さなメバルばかりでした。

結局、時間通りに帰宅して、約一時間の釣りになりました。

実は昨日は午後4時から夜7時頃まで、ヘチ竿を持ち自転車でアクアマリンふくしまの横にある釣り公園で探っていました。

まだまだ反応薄しでしたが、久しぶりのヘチ釣りに安心感を覚えました。

もう少し活性化すれば楽しみな場所です。

北金ヶ沢漁港で25年ぶりの釣りをしました。

DSC_0007.jpg
何と25年ぶりの金ヶ沢漁港です!

自分の第二のホームグランドであり、懐かしい場所でもあります。

金ヶ沢漁港は、青森県の日本海側であり、鰺ヶ沢漁港と深浦漁港の間にある小さな港です。

先日、実家に帰省した時に釣りをしに行きました。

車にはメバリングの道具一式はいつも忍ばせてあるので、釣り場所さえあればいつでもOKです。

昔はカレイ、ソイ、アイナメ(地元ではアブラメ)など良く釣ったものです。

自分が釣りを好きになったきっかけの場所だったし、近くにオバさんも住んでいたのもありました。

現場に到着後にすぐにメバルをやっていた釣り人がいたので、情報を教えてもらいました。

数は釣れるけど尺は無理だし、ここのメバルはMAXで20センチぐらいの話です。

到着したのが夕方5時で、まだ明るかったのですが、第一投目からヒットしました。

コチちゃんこんにちわです!

投げる度にワームに反応してしまい、コチ、ソイ、メバルと型は小さいけど、こんなにルアーって釣れたっけど思うほどです。

結局、夜10時までの間にお持ち帰りできそうなMAX20センチのメバルは、3匹だけでは釣りました。

しかし爆釣り大会状態で、釣れた数は数え切れないぐらいです!

25年ぶりの北金ヶ沢は自分が釣りを一生懸命研究もした場所なんです。

仕掛けを変えたり工夫した記憶もたっぷりあるんです。

また来たいと思います。

それから今のホームグランド、小名浜港ですが第一堤防から第二~第三堤防にかけてカレイが釣れています。

第三は立ち入り禁止ですが、アクアマリンふくしまのある、第二は釣り公園になっているので、堂々と釣りができます!

是非とも穴場の釣り公園をオススメします。

まだまだ小名浜港には震災の爪痕が残っているんです。

DSC_0002.jpg
写真は小名浜港の第一堤防の今日の様子です。

3月11日の震災から2年を過ぎても、あの日のままがこの堤防なんです。

見慣れた風景にもなってしまいましたが場所的には、ららミュウの先の堤防になります!

堤防全体が真ん中から折れている感じですが、基本的には釣りは禁止の場所なんです。

午前10時と午後2時の2回ですが、監視船が回って来て、釣りをしていれば警告をされる場所です。

ただし役人仕事で、祝日と日曜日は監視船も休業日みたいです。

ロックフィッシュからアジ釣りや投げ釣りなどなど、週末には釣り人多しの場所でもあります。

夜は足元が危険だし、自分も何度も監視船に怒られました。

今では、地元の釣りオジさんに教えてもらって、監視船の回る時間には入らないようにしています。

ここはアイナメやカレイ、アナゴ、ドンコ、メバル、アジなどなど釣れる場所です。

秋から冬にかけての大型のアイナメは、絶対にはずせないポイントでもあるんです。

ららミュウのトイレや飲食店も使えるし、自販機もありお気軽に釣りが楽しめる場所です。

GWも終わり、静かな小名浜港に戻りました。

DSC_0001.jpg
連休中は釣り場に困るほど、釣り人だらけだった小名浜港です!

自分も釣りには何回か参戦しましたが、ほとんどがメバリングだけになってしまいました。

ヘチ釣りもしたいのですが、まだまだ活性が良くないのかアイナメなんかも、穴釣りの方がまだ釣れている見たいです。
メバリング、覚えたては何でも面白いもので、時間があったら実践&練習みたいな感じです。

市場裏付近は、メバルは釣れるのですが、型は小さくてほとんどが、海へ返してあげるサイズです!

数釣りならば、結構楽しめますよ!

場所によっては、底狙いで夜ならばドンコも釣れますが、これも型は大きくありません。

写真は、ららミュウから見たアクアマリンふくしまなのですが、写真の建物の真下が海釣り公園であり、穴場でもあります。

釣っている人も少いし、でも釣れない場所ではありません。

水深もかなり深く、釣れれば大物が期待できる場所です!

駐車場はアクアマリンとららミュウの間の駐車場を利用すれば、すぐですよ。

メバリングにオマケが付いて来て、超嬉しいです!

小名浜港
最近は、メバリングに夢中なのですが、何と写真の釣果です。

メバルは小さなサイズは、すべてそのまま放流状態なのですが、グリコのオマケみたいな黒鯛を見てやってください。
どうしたのと聞かれれてもおかしく無いのですが、マジで自分もビックリです!

メバルの話を先に進めますが、メバル専用ロッドを購入して本格的にやっています。

ラインはナイロンの0.8号にジグヘッド2gにストレート系のピンクとお決まりのパターンです。

市場裏、第一付近でやっていますが、大きいサイズには程遠いサイズしか釣れません。

数は釣れるが型は出ないと言う事です。

ほとんもお待ち帰りは出来ずに再会を期待して、海に戻しています。

黒鯛の話ですが、場所は市場裏から見える場所なのですが、普段は向かいの堤防から専門で狙っている人達が狙っているポインがあるんです。

重いジグに取り替えて、投げたら根がかりかなと思ったら、針にテグスか絡まってきて、そのテグスを引いたら針に食いついた黒鯛が釣れてた状態です。

誰がばらしたかは不明ですが、一応釣ったのは自分だって事で、万歳ですよね!

まるで夢の世界みたいな話ですが、本当の話です。

GW、小名浜港は釣り人が多くて、まる24時間営業のコンビニ状態です。

朝から夕方までは、ファミリーでの釣りが多いし、夕方からはルアーから投げ釣りまで大勢の釣り人で賑わっている小名浜港です。

釣る場所が無いと言うぐらいの釣り人でビックリしてしまいます。

しかし穴場と言うか小名浜釣り公園は、意外と釣っている人が少ないのです!

場所で言えばアクアマリンふくしまの横になるのです。

駐車場もたくさんあるし、トイレの心配もいらない場所だし、大物狙いには絶対的にオススメしたい場所です。

ナメタカレイにアイナメなどなど、釣れれば期待できる場所なんです。

自分も52センチのアイナメを釣り上げた場所だし、良い釣り場なのは間違いありません。

水深もかなり深く、おそらく市場裏、ららミュウのある第一、アクアマリンの第二と比べても一番水深がある場所です。

実は昨日ですが夜8時頃から、メバリングをやりに市場裏付近で釣りをしていました。

この辺はメバルが小さいのですが、良く釣れる場所です。

昨日はルアーの人も多かったですが、意外と釣れていませんでした。

自分はと言えば、しっかりオカズぐらいは確保しましたよ。

プロフィール

小名浜太郎

Author:小名浜太郎
仕事の関係で小名浜に住んでいます。昔から大好きな釣りの趣味を復活させました。だって目の前は海だし、釣り大好き少年はオジサンへと変貌したけど釣り少年の気持ちは今でも変わりません。

■小名浜港・・・常磐自動車道 勿来ICから車で20分 いわき湯本から20分

■小名浜港での防波堤釣りの日記になります。シーバスをメインにヘチ釣りからメバリングまでオールマイティに小名浜港で釣りをしています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。お帰りの際はこちらをクリックしてお帰りください。

 


質問などもお気軽にお寄せください。わかる範囲でお答えします!

Twitter小名浜釣り情報
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
小名浜潮汐表
RSSリンクの表示
リンク