小名浜太郎の小名浜港釣り日記 2012年12月

小名浜港ららミュウ前の釣果は・・・かなり厳しい感じになってます!

20121220.jpg
大物アイナメ狙いで、小名浜港ららミュウ前に出かけるのですが、最近はハズレクジばかりです。
先日も大物と言えば写真のフグだけでした。
サイズ的には立派なフグですが、お持ち帰りも出来ないし、期待いっぱいでリールを回して…

約二時間で20センチのアイナメ2匹とフグ1匹で終了でした。
知り合いの話でもかなり厳しい見たいです。

市場裏ですが、たぶん大型のイワシだと思うのですが、ウキ釣りで結構並んで釣りをしていました。
これから寒いしかなり厳しい季節かも知れません。

朝から、ららミュウ前は釣り人で賑わっていたみたいですが、結果は?

実は仕事が忙しくて、釣り所ではなくて朝から年末の忙しさに追われていました。
久しぶりに海を見ていないし、朝の散歩の人から聞いた話です。
皆さん大物を釣れたのでしょか?
かなり厳しかったはずです。

第一埠頭に関しても、釣れる場所もあれば反応ゼロの場所も確かにあるのです。
日頃、通わないとポイントなんてわからないと思います。

ヘチ釣りだって、歩けば良しでは疲れてしまいますよね!
この時期は寒いし、小名浜での釣りは苦労も絶えませんし、潮も高かったはずです!

20121216.jpg
今日は休憩時間に以前オークションで落札した重利作の木製タイコリールの修復作業をしました。
回転の悪いのを改善して、塗装のハゲを塗り直して綺麗に仕上げました。

良くオークションで古いタイコリールなどを落札しては綺麗に復活させるのが楽しみの一つでもあるんです。
復活後は一度は海に持ち込み釣り上げてあげる、そんな事も大好きです。

富士のプラスチックリールで修復しなくてはならないものが6個あるのですが、暇を見て綺麗にしたいと思っています。

小名浜港 護衛艦が入港しましたよ、たぶん125さわゆきだと思います。

今日も午後3時半から一時間だけ、ららミュウ前に出かけました。
あいにく波も高く、堤防の上まで波しぶきが上がる最悪のコンデションでした。
それでも釣りをしてしまうのですから、自分が怖いです。

波が高いと、へち釣りには最悪な状態です。
ららミュウ前で今の季節は、アイナメとカレイだと思って間違いないなら、波の高い時のための対策です。

まずはへち釣りの仕掛けのオモリを追加して着底を間違いなくできるようにします。
波で流されては、この時期は釣りにはなりません。
アイナメもカレイも基本は底釣りです。

今日はオモリを追加しましたが、こんな時はブラクリかブラー釣りに変更するのをオススメします。
これならばへち竿、タイコリールでも十分に底狙いができますよ。
ブラーは波が高い時などは6グラムから10グラムで大丈夫ですし、釣り方はヘチ釣りと変わりません。

これからの時期は、餌を多めに付けるのと付け方の工夫も大切です。
なるべく海の中でユラユラ動くようにして、アピール度を上げてください。
餌のつけ方はチョン掛けです。
青イソメならば一本そのままで三本ぐらい、チョン掛で大丈夫です。

あくまでも参考までに

37センチと32センチのアイナメを釣りました。

20121214.jpg
寒さに耐えながら本日は、ららミュウ前に釣りに出かけました。
午後3時頃から約一時間半の釣りです。

まったくと言って良いほど釣り人の姿は無しでした。
寒いし最後は、手がしびれて感覚が無くなる程になってしまうんです。

お陰さまで37センチと32センチのアイナメと御対面できました。
しかし残念なのは、ものすごい引きで格闘して最後は、潜られてしまい魚影さえ見れなかったのです。
最後はテグス切れで終了でしたが、もし御対面できたならばかなりの大物のアイナメに違いありません。

悔しいの一言ですが、タモ網も持っていなかったし、あのサイズでは到底上げるのも無理だったはずです。
今日は180センチの振出しのヘチ竿に木製タイコリール、ハリはアイナメ用の13号を使用しました。
アイナメ用のハリは赤いハリで根元が蛍光になっているタイプです。
餌はアサリの大きめのやつをハリに付けられるだけ付けています。

最近は餌はスーパーで売っているアサリをメインに使用しています。
殻を向いて使用しますが、残ったら冷凍保存で次回も使用するようにしています!

さすがにこの時期は、アイナメかカレイぐらいしか釣れないし、釣れればサイズは期待して大丈夫です。
寒さ対策は十分にしないと、とても長い時間は無理です。

大きな地震の後なのに小名浜港は週末の釣り人で賑わっていました。

金曜日の大きな地震で意気消沈なのですが、土曜日の市場裏からららミュウにかけて相変わらず釣り人で賑わっていました。

風が強くて波もあり、あいにくのコンデションで自分は見学だけで終わりました。
釣れてもいないし、大丈夫かなと思うぐらいの寒さです。
会津ナンバーの車は雪化粧状態で釣りを楽しんでいたのが印象的です。
小名浜はめったに雪は降りませんが寒さはかなり厳しいし、海に行けば尚更です。

しかしこれからは大物狙いもできるし、アイナメをメインに頑張るしかありません。
釣り方の選択は、ヘチ釣りかブラクリ、ルアーにブラーと根魚狙いで良いと思います。

アイナメですが、30センチクラスは結構釣れています。
写真をアップできないで申し訳ないのですが、49センチのアイナメも最近釣りました。
調子良く釣り見学のオジサンに、プレゼントしてしまいました。

帰宅して撮影したつもりが、写っていませんでした。
わざわざメジャー持参で釣りに行ったのに残念で仕方ありません。

地震の少し前まで、ららミュウ付近でヘチ釣りをしていました。

マジで怖かったです!
大きな揺れが長く続くし、恐怖でした。

実は今日の大きな地震の少し前まで、へち釣りをしていました。
不思議なぐらいに魚の反応はゼロだし、地震の前触れだったのかなと思ってしまいます。
あきらめて帰宅したら大きな揺れが走り、ビビってしまいました。

テレビ放送では、さっきまで自分が釣りをしていた場所が流れているし恐怖です!
怖いのを通り越しているし、マジやばいです。
テレビでは津波注意報だし、海岸線からすぐに離れなさいのアナウンスがマイクで流れています。

何もなくて地震だけで良かったです。
ホットしています。

黒鯛師 竹本調攻め235を格安で買いました。

黒鯛工房の黒鯛師 竹本調攻め235を格安で手に入れました。
これでヘチ竿は、何本目なんだろうと考えてしまいます。
完全に病気ですね!

和竿のヘチ釣り用でもこれで五本目になります。
タイコリールも30個ぐらいはあるのですが、正確な数は把握できないのです。
冨士のプラスチックリールだけでも10個以上あり、古いリールはコレクション状態なのです。

間違い無いのは嫁さんには内緒だし、バレたらやばいです。
高価な物からレアな商品まで展覧会でも展けそうですが、いつも使用しているのは490円のプラスチックリールかリョービのタイコリールだし、竿も振出の2千円もしないやつです。

理由は簡単で、チャリで釣りに行くために自転車のカゴに収まらないと無理と言う事なんです。
いつも簡単な装備で海に行きますし、釣れた魚の入れ物はスーパーの買い物袋がメインなんです。
竿にリールをセットして、予備のハリとハサミをポケットに入れてそれだけで海に向かうが基本です。

タモ網もあるのですが、海には持って行った事もありません。
それでも釣れれば釣れたもの勝ちって事で!

女体盛り!これぞ釣り人のロマンスかも?

20121204.jpg
自分で釣った魚を女体盛りにする?
一度はやって見たいと思うのです。

そしたら女体盛り用のお皿を見つけました。
これなら問題なしかなと思っています。

妄想だけでも女体盛り!釣り人のロマンスでは無いですよね!

本日は28センチのアイナメ一匹だけでした。

20121203.jpg
今日も、ららミュウ前に釣りに行ってきました。
午後3時半ぐらいから日没までの約一時間ちょいの釣りです!

餌にするアサリをスーパーに買いに行ったのですが、ありません。
代わりに白ハマグリとか言うアサリよりも安い貝を買ってきました。
元々は外来種で、タンカーなどの外国へ行く船の底にへばり付く貝らしくて、千葉県産で売っているやつです。

チャリで到着すると先着のへち釣りの人たちが十人弱釣りをしていました。
まったく釣れていないみたいで、やばい予感を感じました。

それでも最近良く釣果が出る好ポイントへ向かいました。
いつもここからスタート見たいな場所です。

日没まで釣りをして、結果は写真のアイナメだけでした。
実測28センチでした。

今日は遠くからもへち釣りに来ていた見たいですぐにわかりました。
地元の人とは違い、着るものから違います。

ロッドからリールまで輝いていたし、服装も釣具屋で売っている完璧な釣り場番組で見かける服装でもありました。
地元の人は、ドカジャンもしくはそれに近い格好ですからすぐにわかります。

釣れなかったら一緒なんだけどね!

アイナメ40センチと30センチ、カレイ30センチを釣りました。

2012120201.jpg
本日、ららミュウ前での釣果です。
時間は約一時間半ぐらいで午後三時過ぎぐらいから釣り始めました。
日没までの短い時間ですが、仕事の合間の釣りですから仕方ありません。

朝から小名浜は雪が降り続き、午後二時過ぎから晴れてきて、寒さに負けずで釣り場へ向かいました。
自転車でららミュウ前まで五分ぐらいなのですが、寒くて凍えそうです。

本日は210センチの竿にタイコルール、もちろんヘチ釣りです。
餌はアサリのむき身で、前回の釣りで使用した残りを冷凍保存していたものです。

見事、第一投から40センチのアイナメと格闘できました。
写真の風格を見て下さい。
立派なアイナメでしょ!超嬉しいし感激、興奮で今年度、最高の大物になりました。

興奮状態で同じ場所をしつこくアタックしてみたら、今度は30センチのカレイとも対面できました。
タバコに火を付けイップクがたまりません。
たいぶ暗くなってきたし、餌切れ間近でハリを海に落とした時には、かなり冷え込んできました。
寒さに耐えて、帰ろうとした時にかなりの引きを確認しました。
リールに確かな手応えはあるし「これは上がらないぞ~」
海に引き込まれそうな勢いで引いてきたし、ヤバイの一言です。

結局最後はハリス切れでバラしてしまいました。
もしかして・・・逃がした魚は大きいって事で気を取り直して、最後の餌なんですよ!

しつこく同じ場所でと思ったら、着底してすぐに30センチのアイナメと御対面できました。
本日の釣果になります。

ららミュウ前の第一堤防から、ららミュウ付近ですが遊覧船付近も狙い目です。
ただし日中は観光客を釣る覚悟だし、怒られる可能性は大です。
2012120203.jpg
2012120202.jpg

プロフィール

小名浜太郎

Author:小名浜太郎
仕事の関係で小名浜に住んでいます。昔から大好きな釣りの趣味を復活させました。だって目の前は海だし、釣り大好き少年はオジサンへと変貌したけど釣り少年の気持ちは今でも変わりません。

■小名浜港・・・常磐自動車道 勿来ICから車で20分 いわき湯本から20分

■小名浜港での防波堤釣りの日記になります。シーバスをメインにヘチ釣りからメバリングまでオールマイティに小名浜港で釣りをしています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。お帰りの際はこちらをクリックしてお帰りください。

 


質問などもお気軽にお寄せください。わかる範囲でお答えします!

Twitter小名浜釣り情報
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
小名浜潮汐表
RSSリンクの表示
リンク