小名浜太郎の小名浜港釣り日記 2012年10月

スピニングリールのドラグノブは調整していますか?

海釣で多くの人がスピニングリールを使っていると思います。
自分はタイコリールがメインなのですが、ヘチ釣りでもブラーを使用する場合は1000ぐらいの小さなスピニングリールを使用しています。

昨日の夜に釣り上げた大きなアナゴだって小さめのスピニングリールを使用しています。
通常リールに巻いてあるのテグスは2号から3号であり、テグスはナイロンの一番安いタイプです。
よれたら交換の繰り返しですから、安いので十分なんです。

皆さんはスピニングリールのドラグノブは調整していますか?
していないならば、もちろんやった方が良いし、やらなくてはなりません。
ギッチり回しているから大丈夫なんて、ダメだって事です。

合わせるタイミングもそうですが、すべての魚の口が同じ硬さではないし、狙う魚によって調節が理想なはずです。
少しだけ緩める事により、根がかり対策にもなるって事なんです。

2012110202.jpg
2012110201.jpg
写真は先日、オークションで落札したタイコリールです。
スピードタイプであり、1:2ぐらいだと思います。
到着した時点で、かなりの年季を感じましたが、綺麗に再生させました。
オリンピック製のスピードリールですが、相当古いものには間違いありません。

ネットで調べたら1950年から60年頃に使われた最高級のタイコリールらしいです。
ずっしり重くて、疲れそうです?

大アナゴと久しぶりに御対面したけど、恐怖心でいっぱいです!

20121031.jpg
久しぶりに嫌な奴に会ったみたいな感じです。
真夜中にどんこ釣りにでかけたのですが、アタリがあった瞬間、リールが回りません?
おかしいなぁなんて思いながら、もしかして良型のアイナメかなと期待して、格闘しました。

しぶといしこれはデカいぞと期待いっぱいのバトルです。
これまた不思議でどんことアナゴが同じ針に付いてきたのです。

まさかこんな所で、オマエに会うとは思わなかったそんな気分です!
場所は第一堤防であり、ららミュウの先です。

蛍光ブラーに青イソメを餌にどんこを5匹ぐらい釣り上げて、そろそろ帰ろうと思っていたその時なんです。
久しぶりのアナゴであり、サイズも特大の真アナゴでした。

いつ釣れてきても、アナゴだけは苦手ですよ。
真夜中のさみしい海で、アナゴと対面だけは嫌ですね!

小名浜港までは銀座から2時間30分の道のりですよ

小名浜港までは、首都高さえ空いていれば車で2時間30分もあれば到着します。
なんでかと言うと友人が、小名浜は福島県でしょ遠すぎるよなんて言いますが、そんな遠い場所ではありません。
都内からならば、首都高から常盤道に入ったら間違いなく渋滞なしで小名浜まで来られます。

途中に茨城県の有望な釣り場を通り越すのですが、高速を降りてからの事を考えれば、小名浜港は理想の釣り場なはずです。
帰りは、いわき湯本で温泉でも入って帰れば最高の一日になるはずです。

小名浜港の釣りの勧誘?

今はサバやアジが面白いように釣れているし、ファミリーフィッシングには最高だって事です。

美女二人との飲み会VS小名浜港釣り予定さて軍配は?

素直に美女二人との飲み会に軍配は上がりました。
誘われたら誘惑には勝てないのです。

下心は無いものの女性に誘われてたら小名浜港での釣りも負けてしまいます!
少しだけほろ酔い気分で、家に帰ってきました。

とりあえず御報告までですが、釣りよりも女性に軍配が上がって、自分もまだ男だって事です。

仕事が忙しくて、今日は一度も海を見ていません、でも深夜があります。

朝から風があるものの天気は快晴であり、釣りを我慢して仕事をしています。
基本的に朝から多忙な生活であり、釣りは休憩時間の楽しみでもあるんですけど、今日は休憩なしでいます。
まだまだ残業は続くし、それでも釣りをあきらめない、根性だけは褒めてください?

夜はだいぶ冷え込んできましたが、数日前にチャリで下見に行った某場所が気になっています。
目的は、良型のアイナメと御対面したいからです。
たぶんこのまま行けば仕事が終わるのが深夜一時ぐらいなので、それからでも海に行こうかなと思ってるのです。
あくまでも飲み屋のお姉さんから甘い囁きが無ければの話です。

海や川など釣りは得意なんですが、丘釣りだけは誘惑に負けてしまいます?
甘いささやきは、魚で十分だと思っても、綺麗なドレスのお姉さんには、アジ針でも簡単にマグロでも釣れたかのような行動になる自分がいるんです。

甘い誘惑に負けないように携帯電話の電源を切り、小名浜港を目指したいのです。
Map.jpg
金魚マークが自分が真夜中に釣りをしている場所です。
基本的には、日中は怒られる可能性大ですし、観光客の餌食になる可能性もあります?
どんこがメインですが、アイナメの良型もこの辺らしいです。
参考までにしてください。

あいにくの雨で本日の釣りは素直に中止にしました。

お昼過ぎから降り出した雨のおかげで、本日の釣りは中止にしました。
遠出しての釣りならば、雨ガッパでも釣るのですが、目の先では中止にもなってしまいます。
ビルの屋上に上がれば、小名浜港を一望に眺める場所に居るため、雨は釣り中止のサインなのです。

連日、アジの型が良くなった話や鯖の話など、ウキ釣り中心で話題が盛り上がってしまうのが、地元の釣り好きなオジサン達です。
地元のオジサン連中は、ウキ釣りでも餌は網ですくったイワシの稚魚であり、コマセまでがイワシの稚魚を網で取ったのを撒いています。
目的はアジのみでサバはデカくても無視なんです。

サバはウキ釣りで釣れば実に引きも良いし、面白いのは間違いありませんが、あくまでも狙いはアジだって事です。
自分のメインはブラーでヘチ釣り、普通のヘチ釣り、ウキ釣りが基本であり、夜中の釣りではサビキやなどもやります。
投げ釣りの基本もキャスティングブラーを使い投げるのが多いのです。

小名浜港はカレイが釣れれば、かなりの良型が上がるし、アイナメでもこれからの季節は良型が期待できます。
今はとりあえず、ウキ釣りで見たいな感じでやっています。
夜のどんこ釣りも楽しいのですが、寒さには勝てません。

今日は、コマセ系のエサを大量買いしました。

朝から仕事で小名浜を離れています。
年中無休で仕事をしているのですが、用事で高速道路を東京方面に走り、仕事で小名浜を離れています。

先ほど某釣具店で、餌の大量買いをしました。
コマセ系なんですけど、イワシの粉末とかコマセ用の商品ばかりです!
基本的には、青イソメ以外は近くの釣具店では買いません。

愛想も悪いし、何度か気分を悪くしたし、最低の釣具店もあるんです!
小名浜市場裏堤防に一番近い釣具店(餌の自販機が目印)であり、ローソンの隣にあるお店だけは良く行きます。
ここが一番愛嬌もあるし、オススメしておきます。
毎日のように餌を買いに行くんだから、愛想も重要なポイントにもなってしまいます。

先日、アジと鯖を爆釣りした時の話ですが、地元の人は餌にイワシの稚魚をアミですくい、餌に使用していました。
海を見れば、たくさんのイワシの稚魚が泳ぎ回っています。
爆釣りしたヒントはそこにあったのです!

イワシを追いかけて来たサバさんとアジさん・・・
そこでアミのコマセにイワシの粉末を混ぜて、ウキ釣りを始めたら爆釣りになったのです。
確かに周りの悪い時には、コマセも無駄ですが、かなりの結果が爆釣りになったのは間違いありません。

近くで同じ釣りをしていた数名よりも、明らかに釣れる数に違いがありました。
自分の隣で陣取ってた人も釣れましたが、結果として潮の流れが呼んだに違いないと確信しています。

それで餌を大人買いしたわけです。
無くなれば釣りはできませんし、ブラーも地元の釣具店には在庫も無いんです。
調達するが正解ですが、毎日のように海に向かうための準備にもなります。

小名浜港釣り初心者の自分に取って、まだ一年を通して釣りをしていないので、その季節ごとに新しい発見もあります。
興味深く、地元の釣り人を見ている感じです。

小名浜港ヘチ釣りの美味しい情報が入りました。

第一堤防からアクアマリンに向けてですがヘチ釣りで良型のアイナメが釣れ始めたそうです。
30センチ以上もあるみたいですので、近日中にチャレンジしてみたいです。
市場裏のT字型堤防でも、へち釣りでアイナメは釣れますが型が小さいですし、あそこでやるならば市場側に堤防の方が良型が期待できます。

自分は市場裏ならば先まで行かずT字型の途中なんですが、現在は堤防が復旧工事のため釣りは難しいです。
後は国土交通とか福島県警の船が係留している先の堤防も、ヘチ釣りも可能です。
先日、自分も行ってきましたが、アタリもあり楽しめました。
チヌ狙いならばオススメします!

ウキ釣りでアジ、サバの爆釣り大会のようでした。

2012102503.jpg
今日の市場裏T字型堤防ですが東京海洋大学の船が係留していました。
午後3時30分から日没の午後5時までの一時間半、竿の休める暇なく釣れました。
アジとサバですが、通信販売で先日購入したハイカーボンのロッドでの初釣りです!
軽いし当たりは取りやすいし、2千円チョイのロッドとは思えませんでした。

竿にウキとマルセイゴのハリ、餌は冷凍のオキアミLLサイズです。
コマセも少しだけ使用しましたが、ほぼ必要なしです。
一時期、アジの姿は消えましたが、型も大きなものも混じりサバも釣れて最高の釣り日になりました。
2012102504.jpg

レトロでしょ!タイコリールFUJI製とNAKAZIMA製になります。

2012102501.jpg
左の三個がFUJI製品であり、右の三個がNAKAZIMA製品です。
NAHAZIMAの製品番号はモデルナンバー185の商品です。
FUJI製は、奥の2個が色違いで同じタイプであり手前は違うタイプです。

FUJI製品の特徴としてロッドの取り付け金具が90度直角に曲がる事でもあります。
つまり直角にすれば、昔の記憶でタイコリールからスピニングリール(投げ釣り)にも使えます?
そんな使い方もできますよと記憶があるんです。
ただしギヤ比は変わりませんから、偉く苦労もした記憶があります。

NAKAZIMA製のタイコリールは、初めて見るタイプなので明日でも機会があれば海で試して見るつもりです。
2012102502.jpg

レトロな富士タイコリール他4個を購入しました。

2012102301.jpg
合計4個のタイコリールを購入しました。
すべて販売終了の商品なはずだし、大人買いしてしまいました。
でも一個だけ買い残しをしてきたので、これから行って買うつもりでいます。

今日買った三個は完全に金具の部分以外はプラスチック製だし、懐かしさいっぱいのリールです。
もちろん飾りじゃないし、現役復帰させますよ!
4個で合計2000円で買いました。
一個500円であり、買ったのも怪しいお店なのは間違いありません。
偶然見つけて衝動買いですが、小名浜港で活躍するのも、もうすぐです?

市場裏でアジが爆釣りしてたって、自分は遠征してアイナメ狙いです。

2012102201.jpg
市場裏で本日、アジが爆釣れだったのらしいです。
型も大きいと自慢されてしまいました。

自分はと言いますとアジ釣りの市場裏からもう一つ外海に近い堤防まで遠征していて、底狙いでブラー釣りをしていました。
寒くなってきたし見たいな感じで、アイナメさんに御対面に向かいましたが、二匹と会っただけでした。
結構あたりはあったんですけど、餌切れて終了しました。
午後から約二時間のへち釣りでした。
2012102202.jpg

小名浜港、市場裏は結構へち釣りが盛んな場所でもあるんです!

小名浜は市場裏周辺でへち釣りを楽しむ人が結構多いし、地元の人でもへち釣り派は沢山います。
基本的にへち釣りでも、何を狙うなんて事は無くて、季節で釣りを楽しむが正解です。
自分も最初は、へち釣りでもハリにガン玉一個だけの仕掛けで、堤防を歩いていました。

今ではへち釣りでもブラー釣りがメインになっていますが、理由は根魚が多いからだし、手っ取り早く釣りができる理由もあります。
へち釣りよりも仕掛けは簡単な事もです。
ただしブラーの仕掛けは、あんまり売ってはいないし、この辺では取扱店すらありません。
小名浜から出た時に、釣具店を見つけたら買うのが基本で有り、ついつい大人買いになってしまいます!

先ほど、港までチャリで偵察に行ってきましたが、魚より釣り人の数が多いんじゃないのと思ってしまいました。
今日はこれから時間があれば、どんこ狙いで行ってみようかと思っています。

本日、小名浜港は波が高くて荒れ模様で、釣りになりませんでした。

午後3時頃から市場裏にチャリで釣りに出かけました。
確かに風は強かったものの、こんなに波があるとは想像もしていませんでした。
それでもT字型堤防には釣り人が頑張っている姿がありました。

季節的にアジ釣りはかなり厳しくなってきた感じさえします。
カンパチ狙いも、餌のハナ鯛が釣れなくては釣り人も少ないのかなと思ってしまいます。
アイナメもまだ早そうだし、小名浜で一番釣れそうなが黒鯛と夜のどんこかも知れないです。

やはり釣れるものを考えて準備した方が良いし、数を楽しむならば、夜のどんこ釣りをオススメします。
市場裏周辺、ららミュウ周辺ならば、どこでもヘチ釣りで可能性があるし、楽しめます。

ヘチ釣りの仕掛けでも大丈夫だしブラクリでもブラーでも大丈夫です。
底狙いですから、へち釣りの場合は、オモリは重くして、早く着底させる事です。
自分は蛍光のブラーを使用していますが、ブラクリでも蛍光色のブラーは売っています。
ケミホタルを使用する場合は、ダイソーで買った方が断然に安いです。

どんこの型自体は大きくはありませんが、良く歩き探るが基本になります。
アタリがあった場所は覚えておいて、しばらくしたら再度ポイントを狙うが基本です。

大きなアタリが感触として伝わってきますから、大きな引きが合わせのタイミングになります。
ららミュウ付近は根がかりが多い場所ですが、無理に引っ張らずにいれば自然に外れる場合も多々ありあす。
餌は青イソメで大丈夫です!
ちょん掛けで針に三本ぐらい付けてください。
長さは5センチもあれば大丈夫だし、釣れても大きな口なので餌はそのまま再利用可能です。

皆様の釣果を期待しています。

小名浜の夜は寒すぎます!ららミュウ付近で、どんこ釣りをして来ました。

20121020.jpg
深夜零時を回ってから釣り道具を持って、コンビニで夜食を買い一時半ぐらいから約一時間だけ釣りに行ってきました。
場所は、ららミュウ付近です。
いわき市の観光物産館が、ららミュウになるのですが、昼は観光客がたくさんで、釣りなんてとんでも無い場所です。
ライブカメラもあり、24時間いつでもパソコンから、小名浜港の映像がライブで流れている場所でもあります。

寒さに耐えながら、ブラー釣りをしてきました。
今日は釣りをしている時間帯は、潮がだいぶ引いていました。
約一時間で、型はあんまり大きくはありませんが、5匹の釣果でした。

小名浜はもう夜は寒くてたまりません。
マフラーや帽子は、釣りをするなら必需品ですよ!
もちろん厚着でこないと、体調を壊すぐらい寒いです。

SZMのヘチ釣用の竿を2本、リサイクルセンターから買ってきました。

ほぼ新品のSZMのへち釣り用のロッドを2本、リサイクルセンターから買ってきました。
金額は1500円でしたが、中々見た目は良い感じです。
SZMの商品は安いだけと言う人もいますが、中には良いものもありますよね!
後は4メートル50センチのタモ網も新調しました。
新品で約3700円でしたが、欲しかったのはタモよりもアームの部分だったのですが、アームだけは売っていませんでした。これでアームにイガイ取りを付けて、餌の確保ができて、餌は買わずに済みそうです。

趣味だから欲しいものは、欲張る傾向にありますが、仕方ありません。
でも釣具は良く考えたら高い物は、あんまり使用していないし、高価な道具はリサイクルとか通販が多いのです。

釣り番組とかで、ロッドが何とかで、リールはこれで、仕掛けはなんて言ってるのを聞けば、それがどうしたの世界かも知れません。
お金をかけないで大物を釣りたいが基本ですよ!

たぶん金曜日の夜だし、小名浜港には釣り人が集結しているのかなんて考えていますが、まだ仕事が終わっていないんです。
我慢の限界も来ているんですが、もしかしたら仕事が終わり次第、釣りに向かうかも知れません。

雨じゃんよ寒くて釣りなんて無理だって事で屋内待機です。

昨日も深夜に雨さえ上がれば、どんこ釣りにでも行こうかななんて考えていました。
しかし雨は今日の朝も、降り続いています。

基本的には仕事の合間の釣りですから、チャンスを作るには雨は邪魔な存在です。
こんな雨でも堤防に行けば、誰かが釣りをしているのは、わかっていますが、雨なら濡れるし仕事の合間では、絶対に無理なんですよ。

本日、注文していたイガイを取るための道具が届きました。
アマゾンで1800円弱で送料込でした。

タモ先を交換して使用するタイプですが、ネジ式のタイプのため自分のタモには合いません。
クソーって感じで、釣具屋でタモのアームだけ売っているのを探してきます。
これで餌は現地調達できそうです。
自転車に取り付ける工夫も必要だし、仕事どころではありません?

ヘチ釣りの本命は黒鯛では無いと思うのですがぁどうでしょうかぁ

20121017.jpg
小名浜港市場裏付近で、チヌを狙える場所は、今までの経験で一箇所だけです。
先日、市場裏でたまたま一枚、手のひらサイズを上げてビックリもしましたが、実情はそんなものです。

ある場所では、チヌ狙いで並んで戦闘態勢で頑張っている釣り人もいますが、甘くはありません。
小名浜港で一番最初に自分が釣りをしていた頃は、へち釣りでもテグスに針とガン玉だけでがんばっていました。
堤防から必死の思いでイガイを取り、餌にしていたのです。

短めの竿に簡単な装備で、チャリで海に向かうが基本ですから、必要最低限の道具を自転車のカゴに入れて行くわけです。
カンパチ狙いの人も毎日のように、大勢釣りをしていますが今年は昨年みたいな釣果は、聞こえてきません。

「あそこで○○が釣れたよ」の情報で、人が集まるのが小名浜港の市場裏かも知れないのです。
現在はブラー釣りをメインにしていますが、へち釣りと何ら変わらないのです。

釣れないよりは釣れた方が良いし、釣るために海にチャリで向かうのです。
真夜中に市場裏のT字型堤防付近に行けば、へち釣りをしている人が必ずいるし、釣れるのは根魚やカサゴ・メバル系なんです。

週末になれば、市場付近は釣る場所が無い程の混み具合です。
平日はローカル線で客車に一人乗って旅をしている感じさえしますが、週末は山手線の通勤ラッシュだと考えれば良いかも知れません。

昨日はヘチ釣りで、どんこがヘチ釣りで楽しめるポイントを発見したので、行くつもりでしたが眠気先行で断念しました。
いつでも時間さえあれば、目の前の海にGO!の状態でいます。

今日までは、昼は行きたくても行けないので、今晩は時間の余裕があれば海に向かいます。

西田式ブラーはブラクリとは大きく違うと思うし、ヘチ釣りの発展系かな?

2012101601.jpg

ブラクリ釣りとブラー釣りを一緒だなんて某サイトに記載されていましたが、自分からすれば大きく違うし、使い方を間違っているんじゃないかと思ってしまいます。
ブラクリは簡単に言うとオモリ付きの餌を着底させて、待つだけの簡単な仕掛けです。

ブラーは着底するまでのアクションもあるし、沈んでからも動きがあると思うのです。
西田式ブラーと言う仕掛けが、水の力を借りて、自己的に魚を誘発するし、だから釣れるんだと思うのです。

また色でも誘うと言う特徴もあるんです。
ブラクの多くは赤い色が基本ですが、ブラーは色の種類もあるし、使用条件で使い分ける事もできます。
自分の場合は、昼は赤系か金色を使用しているし、夜は蛍光色の2種類を使い分けでいます。

また重さも3グラムぐらいから真鯛用のブラーまでを入れたらかなり重いのまであります。
自分的にはヘチ釣りにブラーを使用している感じだし、着底する前にヒットするか、着底してすぐに食いつくかです。

別に宣伝をしているわけではありませんが、色々とブラー釣りを検索してみての自分の感想です。
普段はノーマルブラーを使用していますが、ハンティングブラーと言うのもあります。
使えば使うほど奥が深いと言っておきます。

でも使用すれば魚のアタリを直接感じる事もできるし、針に乗った時の快感は何の釣りよりも最高の気分です。

ブラーで真夜中にどんこを爆釣りしてきました。

20121016.jpg
深夜一時を過ぎてから釣りに行って、たった今帰ってきました。
今日は、ららミュウのある第一堤防付近からアクアマリンを見ながら、ブラーで探ってみました。
寒いし明日は朝からお仕事が待っているのですが、引きが良くて今まで頑張ってたんです。

時間にして約一時間で、どんこを15匹ぐらい釣りました。
型は大きくないけど、立派な引きがあり、結構な手応えはありました。

写真の通り、蛍光ブラーであり、餌は青イソメでいつものようにお決まりパターンでの釣りです。
ほぼ入れ喰い状態でしたが、根がかりが思っった以上にきつかったです。
だいぶ冷え込んできたし、小名浜での夜釣りは、防寒着が必需品になりました。

360センチの振り出し竿、重さ74gのハイカーボンってやつを通販で買いました。

先日、鰺ヶ沢港での釣りで、振り出しの360センチの竿を橋にぶつけてしまい、ご臨終したので通信販売で新調しました。

定価4千円が半額近い価格です。
以前使用していた竿は、硬調で鯉釣りに使用するために釣具店で購入した竿ですが、価格は8千円ぐらいしました。
今回の竿は約四分の一の価格でも、かなり良いです。

目的は鯵のウキ釣り用ですが、小名浜港はそろそろシーズンも終わりそうな感じです。
感じって釣れないですよ!変わってハナダイが少しだけ釣れている感じがしますが、地元の人はカンパチ釣りの餌ですから、小さめなハナダイのみ生かしておいて、少しでも餌にならないハナダイは、その場でサヨウナラです。

ハイカーボンって何かとかそう言う問題よりも、軽い竿を求めたわけです。
降り出してみましたが、軽いし使い心地は良さそうです。
とりあえずすぐに使用できるように今晩でも仕掛けを作って、戦闘態勢にしておきます。

通信販売も小名浜に居れば良く利用するしかありません。
釣具の大型店もないし、上州屋さんも閉店して今は回転寿司になっています。

とにかく時間があれば、いつでも釣れる体制ですがアナゴ釣り以外、釣りの運が逃げてしまっています。
そろそろアイナメの時期かな、なんて思いながら準備だけは万全にしておきます。

小名浜港で黒鯛に型の良いカレイが釣れる場所に行きました。

昨日は朝10時頃から夕方5時まで釣り三昧の1日でした。

自分は仕事でしたが、暇な状態で朝から釣りに直行です!

普段釣りをしている市場裏やT字型堤防は、朝から釣り人でいっぱいなので、探検をしてしまいました。

なんと行った場所は、小名浜港でも釣れれば大きなが出る場所だし、しっかり黒鯛も釣れていました。

ビックリですが、カレイもかなりの良型が釣れていて、記念写真まで撮影していました。

自分はと言えば、大きなアタリがブラーで3回ほどあったのですが、潜られてしまい3度も根がかりして、ブラーを消失する始末です。

使い慣れないドラムリールで悪戦してしまいました。

この場所はガン玉一個と針だけで完全なヘチ釣りの方が良い場所だし、期待が持てる場所でもあります。

機会があればこれから黒鯛狙いで、チャリで遠征します。

小名浜港市場裏付近、昼は惨敗で夜は何とか?

20121014.jpg
今日は小名浜港市場裏付近で午後からアジ釣りに出かけました。
ウキ釣りであり、久しぶりの小名浜での釣りです。
日没まで頑張ってアジの姿は見ることができずに退散してきました。

この時期、釣れてもアジの型は小さいみたいで、早朝ならば少しは期待しても良い見たいです。
しかしボラだらけで、コマセに寄って来るのはボラだし、釣れるのはフグだけでは、嫌になってしまいます。

夜8時過ぎから3時間ほど、ブラー釣りに再度、市場裏に出かけました。
夜は寒いし、防寒の準備は必要です。
蛍光の赤色で4gのブラーを使用しました。
リールはドラムリールでチヌ用です!
今回、初めて使用するリールだし、真っ暗闇じゃ慣れないのもあって苦戦しました。

メバルを3匹だけ釣りましたが、寒くてたまりませんでした。
手のひらサイズですが、釣れないよりは良しとしておきます。

鰺ヶ沢港でブラー釣りをしました。

2012101302.jpg
青森県でも日本海側にある漁港ですが、自分が海釣りを大好きになった場所でもある、鰺ヶ沢で釣りをしてきました。
上の写真は、堤防から岩木山を撮影したものです。

25年ぶりに立った堤防は、昔はこんなに狭い堤防だったけと、考えるほど幅が無かったのにはビックリです。
漁港でもプレジャーボートの係留場所になっていたのにもビックリしました。

日曜日でもあり、釣り人は結構いましたが、サビキ釣りとルアーが多くて、タコ釣りの人も大勢いました。
午前中は、堤防でブラー釣りをしましたが、魚が濃い分、あたりもあり結構楽しめました。
4gの赤い蛍光色のブラーを使用しましたが、ハナ鯛にコチと合わせて20匹ぐらいは釣れたと思います。

ブラーを落せばアタリがあるって感じで、あっと言う間に餌切れをしてしまいました。
2012101301.jpg
それから場所移動して、昔良く釣りをした河口付近に移動しました。
写真が無いのが残念ですが、冷凍のエビを餌にウキ釣りで、爆釣りをしたのです!
釣れたのはウグイですが、昔を思い出しての釣りです。

15センチから25センチぐらいのウグイを50匹以上釣りました。
ウグイは食べても、あんまり美味しくない魚ですが、釣る手応えは十分にあるし、昔は良く釣った魚です。
最後にはあんまりデカいのが釣れて、竿を折ってしまいました。
マジで格闘の末ですが、橋に思いっきりぶつけて折った感じです。

久しぶりに数釣りを楽しめたし満足して、小名浜に帰ってきました。
2012101303.jpg

鯵ヶ沢漁港で釣り予定です。

小名浜から用事で、東北道を北上して青森まで来ています。
しっかり、車の中には竿から釣り道具一式を忍ばせて来ました。
確信犯であり、久しぶりに向かう予定は、鯵ヶ沢漁港の予定です。
自分が海釣りに夢中になった場所でもあるし、釣りを覚えた釣り場なのです。
かれこれ考えて25年前の話しになります。

行って見ないとわからないし、釣りができるのかなんて考えています。
仕事が終われば、毎日のように釣りに向かっていた場所だし、雨の日は橋の下にもぐって、釣りをしていました。

小名浜に戻る前に、釣具店でブラーの大人買いも予定にあります。
種類も豊富だし、小名浜では売っていないブラーを仕入れるのです。

明日は起きたら鯵ヶ沢に向かいますよ

貝を拾ってヘチ釣りしましたけどフグばかりで結果は一匹だけでした。

20121007.jpg
小名浜での釣りは一年生同然ですので、時期的な魚が良く理解できないまま、進行形で釣りを楽しんでいます。
近所のオジサン達が何を釣りの対象にしているかを見て、道具を揃えるが基本的スタイルなのです。

元々がへち釣りでもブラーを使った釣りが自分の釣りですが、今日は貝が使えたので純粋なへち釣りをしました。
180センチの竿に太鼓のリールで、テグスは2号であり、針は丸セイゴの3号でガン玉仕様です。
ただ地元民の人の話では、元々が砂地な小名浜港はチヌは小さなサイズしか釣れないそうです。

盛んにハナ鯛の小さなサイズはサビキでも釣れますが、手のひらサイズは厳しい見たいです。
実は今日はサビキで青物狙いで海に行ったのですが、漁船が陸揚げされていて、船底に付いてある貝が落ちていました。
掃除の跡の残骸で釣りをしていたわけです。

結局、午後2時から日没まで頑張って、釣れたのはふぐがほとんどでした。

久しぶりにアイナメと御対面しました。

2012100601.jpg

二級船舶の免許取得のため、お休みしていた釣りですが本日から再開です!
夜8時過ぎから3時間程、市場裏に行ってきました。
半月ぶりでしたが、釣れたのはアナゴでは無くて、アイナメちゃんでした。

蛍光ブラーに青イソメでの釣りでしたが、夜は寒くなってきましたね!
半月前とは気候は大違いです。

写真は本日の釣果であるアイナメと先日、マリンタワーの一番上から撮影した市場裏付近です。

2012100602.jpg

中古で磯竿とドラムリールを一個また買いました。

昨日、ドラムリールを三個買ったお店へ今日も行きました。
目的は、昨日考えて止めたドラムリールを買いに行ったのです!
実は2980円であり4個もいらないのは承知だったのですが、ネットで価格を調べて、買うことにしました。
定価19800円が2980円ですから、買わずにいられません。

昨日と今日でチヌ用のドラムリールを4個買った事になります。
磯竿も安くて良いのがあったので、ついでに衝動買いもしてしまい、財布の中身は淋しい限りです。
嫁さんに釣具を買ったレシートがバレて散々ですが、心は笑ってるんです。
だって予定では来週にも、二級船舶の免許証も届く予定だし、気分はルンルンなんです。

二級小型船舶合格しました。ホットしています!

今日が合格発表だったのですが、先ほどネットで合格を確認しました。

これで晴れて船長さんになれるって事です。

船の購入は検討中って事で、釣りをしたいのが本音です。

小名浜港ですが、ららミュウ前は工事が始まり、平日の釣りは無理っぽいです。

市場裏などは全然平気なのですが、あちらこちらで港の復旧工事が始まっているので注意です。

釣り状況ですが、アジの姿が見えなくなり、鯖が釣れだしています。

サビキですが、ウキなしで堤防のヘリで鯖も釣れます。

サビキの仕掛けも釣具店で種類も豊富にありますが、数種類用意して釣れている人を真似た方が釣果があがります。

へりですが、アイナメの数は少なくなりましたが、カサゴなどが釣れています。

サビキでもへりに近い場所ならば、サビキでカサゴも釣れています。

アナゴに関しては、自分がやっていないので不明なんです。

市場裏のT型堤防ではカンパチ狙いが盛んですが、あんまり釣果は良くないみたいです。

今日は某店で、ドラムリールの中古を三個購入しました。

衝動買いですが、最近はなかなかチヌ用のドラムは新品でも在庫が無いとかが多いんです。

500円、2480円、2980円なりで、約8千円の衝動買いでした。

二級小型船舶の国家試験終了しました。

大好きな釣りを封印して望んだ二級小型船舶の国家試験ですが無事終了しました。
結果は木曜日になりますが、実技も学科もたぶん大丈夫の太鼓判を押しておきます!
気分は開放された気持ちでいっぱいですが、11月には一級小型船舶にチャレンジする予定でいるんです。

とりあえず今日からまたのんびり、仕事の合間は小名浜港で釣りができると言う事で!
昨日の台風の後なのに、朝からカンパチ狙いの人で堤防は、賑わっていました。

明日から毎日、釣りができると思うと嬉しくてたまりません。
釣りに行く度に更新したいと思います。
プロフィール

小名浜太郎

Author:小名浜太郎
仕事の関係で小名浜に住んでいます。昔から大好きな釣りの趣味を復活させました。だって目の前は海だし、釣り大好き少年はオジサンへと変貌したけど釣り少年の気持ちは今でも変わりません。

■小名浜港・・・常磐自動車道 勿来ICから車で20分 いわき湯本から20分

■小名浜港での防波堤釣りの日記になります。シーバスをメインにヘチ釣りからメバリングまでオールマイティに小名浜港で釣りをしています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。お帰りの際はこちらをクリックしてお帰りください。

 


質問などもお気軽にお寄せください。わかる範囲でお答えします!

Twitter小名浜釣り情報
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
小名浜潮汐表
RSSリンクの表示
リンク